no responses 選択と集中!

よく聞く言葉ですね。社内の何かを改革しようとするとき、その旗印となるものの一つが、この選択と集中ではないでしょうかね。しかも、デジタル化を進める会社でも、こういった日本語が使われているのですから、何だか不思議な気もします。もっと横文字、アルファベットが並べられていそうですが、そんなこともは無いようです^^

ある企業では、社内ではデジタル化を急速に推進するものの、顧客との直接のやりとりなど会社の外ではゆるやかなデジタル化を進めているんだそうです。これは、パートナーとなる会社やお店が、この会社のようにデジタル化が進んでいるわけでは無いため、柔軟に対応していくのが狙いのようですね。

また、商材を売り込む会社にしても、これまでの枠を少し広げ、その対象にCRMの導入、強化を行っていくといった計画もあるとのこと。選択と集中によって、自社に何が必要で何が足りないのか、それぞれの社員が考える良い機会となると良いですね。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>