no responses 営業に高い下駄を履かせられる

「営業に高い下駄を履かせられる」と聞けば、営業マンを管理する人は、なになに?と興味をそそられますよね。これは、SansanとSalesforceとの組み合わせ。Sansanは言わずと知られた日本の名刺管理ツールをサービスしている会社。そしてSalesforceは世界的なCRM企業。この2のサービスと連携させた、といったニュースを前に聞いて驚いた記憶がありますが、まだまだ親密なようです。

Sansanが行ったイベントでは様々な取り組みが発言され、それに関連するニュースに「営業に高い下駄を履かせられる」と書かれていたんです。

これは、「名刺管理の次のステップ」とのこと。名刺管理ツールとSFAと、MAそしてAIを組み合わせて、「人脈からビジネスを創り出す」というものだそうです。あれ?CRMじゃなくてSFA?とここで思いますよね。SalesforceってCRMによって世界的規模の会社に成長したはずです。

と、実はSalesforceはSFAからスタートした企業だったとのこと。SFAとCRMは切っても切れない間柄ですから、納得です^^


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>