no responses マーケティングの効果もはっきりとします

営業部とマーケティング部が仲が悪い、というのは周知のことですよね。営業部では、マーケティング部から出てくるデータの通りに営業をしても結果が得られない。マーケティング部としては、苦労して出来上がったデータを営業部がしっかりと活用できないからだ。こういったお互いの言い分があるからなんですね。

そこで、CRMを使ってマーケティング部から出されるデータが本当に利用価値の高いものなのか、検証することも可能ということを知っておくと良いですよね^^

どのデータを使い、既存の顧客や新規顧客獲得に利用したのか。実際このデータによってどれだけの売り上げが出来たのか、数字としてはっきりと出てきますし、情報は共有化されますからリアルタイムでマーケティング部も確認ができるというわけです。

もちろん、営業情報のプロセスも分かりますから、営業マンの営業についても丸見えにはなってしまうのですが^^でも、情報をリアルタイムで入手できれば、スピーディーな対応ということもできます。状況を見ながらマーケティング部で新しいデータを導き出すこともできそうですよね。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>