no responses メールの作成時間を考える

SFAで新規顧客となる見込み顧客の情報を分析し、ニーズを掘り起こしてアプローチをかける時、最初は電話で、その後のフォローはメールで、あるいは業種によっては直接に回ることもあるでしょう。

このメールですが、うまく行けばスピーディーに自社製品の良さを知ってもらえますし、受注もオンラインでスムーズに運ぶことも可能です。でも、その作成を最も営業に最適な時間帯に行ってしまってはもったいないと思いませんか?やはり、動ける時間帯、相手にとって営業に来られても支障の無い時間帯には、営業に出るべきでしょう。そして、ひと段落した時間にゆっくりとメールの内容を考える。メールの送信が多少遅い時間になってしまっても、メールですから相手は自分の都合の良い時間に開けば良いわけです^^かえってその方が、相手もゆっくりと目を通してくれる可能性もあります。

営業に出られる時間より、少し余裕がある時に読み返して確認したあと、メールを送信する。業務の時間配分も、デキる営業マンには必要ですね。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>