no responses 8割が実は既存の顧客だった

へぇ~、そうなんだ、と改めて感じた調査結果があったんですが、右肩上がりの会社の顧客層を調べてみると、実にその売り上げを支えている8割が既存の顧客だったそうです。

最近では、SFAを活用して新規の顧客をとにかく効率良く探すことが求められています。ライバル会社が多く、業種、業態も似ていて、販売している商品も似たり寄ったり。そのような環境の中で、より売り上げを上げるためにはやはり新規の顧客獲得が重要だと考えられているんですね。でも、今の営業のままでは何の成長も見込めない。最新のITツール、AIを活用したSFAを導入し、効率良い営業をしながらも新規顧客を獲得していこう!という声が社内から出てくるそうです。

ただ、広い視野で見てみると、実際には新規顧客よりも既存顧客の方が売り上げを支えてくれていた。それを知ってしまうと、ちょっと士気も落ちそうですよね^^売り上げの8割が既存顧客だったわけですからね。

これを前から把握していた企業では、すでに既存顧客を大事にし、顧客満足度の向上に向けた取り組みを行っていたようです。

名刺CRMとは

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>