no responses メンテナンス部署でも

SFAは何も営業マンだけにメリットがあるツールではありません。確かに、営業支援ツールのひとつとしてSFAはサービスされていますが、会社全体でもSFAは業務の効率化が実現できるんです。

例えばメンテナンスを行う部署。毎月、あるいは3ヵ月に一度など、顧客のところへ行って設備をメンテナンスする部署では、営業マンからの情報、顧客からの情報と、バラバラに情報が来ているため混乱する事態になることもよくあります。しかし、SFAを使っていれば情報共有、連携が可能になるため、常に同じものを見て、情報の確認ができるというわけです。営業マンの方は、メンテナンスの部署から買い替え時の情報なども聞くことが出来るので、社内の風通しも非常に良くなります。

また、会社内だけではなくて実は顧客の方にもメリットがあるんですね。設備を扱う会社に連絡を取っても、たらい回しにされることなく、電話を取った従業員の誰でもが同じ対応をしてくれるため、時間もかからずたらい回しにされるという負担も無くすことができるんです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>