no responses やっぱり使い易さが一番に

どの会社でもCRMを取り入れる際に気をつけたことが、現場での使い易さだそうです。CRMはシステムであり、機能も豊富。でもシステム、機能、といった言葉を聞くだけでも営業マンからはきっと敬遠する声が聞こえてくるでしょう。

営業マンとは外を回って人とのコミュニケーションを最大の武器としています。なので、デスクのパソコンに向かって顧客情報を逐一入力・・なんていうことに抵抗感があるんですね。

そのため、システムと言ってもとても使い易いもので、資料作成やレポートが簡単に作成できる便利なものなのだ、ということを認知してもらうことから始めるんです。実際には作業画面が分かりやすく、データの入力も出先からスマホやタブレットなどで簡単にできるもの。そして、取引先から欲しいと言われた資料もその場で取り出すことができたり、会議に提出するレポートもデータ抽出が簡単にできるもの。

これらを経験し、使い易さを実感し、慣れたところで少しずつ機能を増やすというやり方が、最近では増えているそうです。

ナレッジマネジメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>