2017年9月14日 archive

病院でのSFAの活用

0

入院や手術をする時って、問診票を書いたり署名をいくつも書いたり、結構面倒な作業が多いものですよね。しかも、病歴や入院歴など確かな年月は覚えていないし、質問されていることを勘違いして答えたりして^^

まぁ、これを書く方はそんなに意識していないものの、管理する側の病院はとても困る場合があるとか。そりゃそうでしょうね。患者が書いたものを元にデータ化しないといけないので、これを入力する看護師、事務の方は大変だと思います^^

また、大きな病院や全国に展開している美容外科などはその患者の数も膨大。そこでSFAが非常に役立ってくれるそうなんです。個人情報や問診などは患者本人がタブレットに入力。これだけでもかなりの業務効率化が実現できますよね。もし訂正事項があってもすぐに患者の情報を取り出し、修正ができます。

それに、全ての管理がシステム化されることで患者自身も何度も同じことを書かなく済みますからね^^セキュリティ的にもペーパーのものより安心ですし、sfaは病院、患者が共に便利になるシステムだと言えそうです。