no responses 資産として十分に活用するとは

名刺の管理を今個人から会社へと移行しているところが増えています。それだけ名刺の情報を会社の資産として十分に活用したい、という思いが強くなってきているんでしょうね。

会社の資産として十分に活用するには、名刺管理ツールの導入がもっとも効率的だと言われています。会社全体で名刺の情報を知ることができれば、名刺をもらった担当者から取引先の予備知識をもらうことができるようになります。これってとても大きいですよね。

無知なままに営業に行くのと、以前お付き合いがあった担当者を介して面談したり、その際の経緯などを話題にできる、というのは、取引先の方にも安心感を与えることができます。勿論、営業マンにとっても精神的に余裕を持った営業が展開できますからね。

名刺管理をアプリや市販スキャナーで簡単登録 | 名刺管理CRM

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>