2017年6月22日 archive

使い方によっては大きな味方に

0

私はSNSと言うとLINEだけしか使っていません。フェイスブックやツイッターも以前はやっていましたが、どこからどのようにして情報が漏れるのかがとても不安でしたし、実際に数日前も嫌なニュースが流れていましたよね。

沖縄の水族館でまぐろが壁に激突。その動画を観た人がカメラのフラッシュは止めようね!とツイートしたことろ、初日は良かったそうですが、数日経つと何故か自分が以前ツイートしていた内容、写真が流出。全く予想だにしなかった展開となってしまったと。ホント、怖いです。

でも、使い方によってはこれらSNSは営業の分野で大きな味方にすることも可能なんです。SNSでは消費者の声を正しく掴むことができると言われています。しかも、一人一人の消費者と繋がることもできるので、SFA、営業支援システムとしての機能を果たすのです。

もし、SFAといったシステムの導入にコストや作業面で抵抗があるのでしたら、SNSを上手に使っていくのも一つの方法かもしれませんね。

営業支援システムSFA

ガラケーでも管理できる!

0

知っていました?Sansanの名刺管理ツールってガラケーでも管理できるんですね。ある名刺管理に関するコラムでは、「PCでの利用はもちろん、フィーチャーフォン、スマートフォン、タブレットなど各種モバイル端末にも対応」と紹介されていました。

Sansanが一般的に知られるようになると、あとから同じようなツールが提供されるようになってきましたよね。と言う事は、名刺の管理を上手くやっていけば売り上げのアップが期待できるということなのでしょう。今まで何となくしか管理してこなかったものを、きっちりデータ化し、並び変えたり分析できる素材にしていくことで、会社の大きな資産になる。これを一般化したSansanの力って大きいですね。

それにしても、ガラケーでどうやって画面を見るのか、ここに興味がわきます^^