no responses 「多様な働き方」を成功させるためのポイント

インターネットインフラやクラウド、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスが普及したおかげで、「時間や場所に縛られない多様な働き方」に注目が集まっています。その一つに在宅勤務などのテレワークがありますが、総務省の調査によると大手企業のテレワーク導入率は38%となっており、全国に1000万人以上のテレワーカーがいると推定されています。こうした働き方は、「時間が有効に使える」「通勤時間が減る」といったメリットがありますが、「かえって長時間労働になってしまう」とか「公私の切り分けが難しい」といったデメリットもあるそう。確かに在宅だと緊張感がないからダラダラしてしまって、短時間で終わりそうな仕事も長時間かかってしまいそう。在宅勤務でも問題なく仕事をこなしている人は、「セルフマネジメント力」がある人なのでしょうね。今後は現在よりもさらに柔軟な働き方を希望する人は増えていくことが予想されますが、働き方の多様化に成功するためのポイントは、こうしたセルフマネジメント力に長けている人材を企業が積極的に起用することなのかもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>