no responses たしかにCRMと混在する部分も

SFAとCRM。2つとも営業システムであり、営業の売り上げをアップさせるという目的で、実は混在している部分も多いようなんです。なので、利用者はどっちがどっちなのか^^混乱することもあるんですよね。

ここではSFAについて詳しく見ていきたいと思います。SFAでは営業マンが毎日行う煩雑な作業を自動化できないか、といったことが目的だったと言われています。営業日報、営業プロセスの報告、商談履歴、スケジュール管理など、それぞれ似たようなことでも別々の報告書を上げないといけない、そんな毎日の作業を効率的、かつ効果的な情報として管理していけたら、これは誰しもが感じていたことなのでしょう。

SFAではこれらのことが実際に効率的に作業できるようになり、営業マンたちの作業効率負担は激減したと言われています。その分、新規顧客の開拓の時間も作れるようになったと。さらに、BI機能の追加などによってより先進的な営業手法も確立されたとか。

ただ、これらをつき進めていくと顧客管理という範囲に入ってきて、これがCRMと混在していくんだそうです。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>