no responses 担当者が使えるかが最も大切

SFAを導入する際のポイントとして、機能だとかコストだとかを最重要課題とする会社も多いんですが、SFAを実際に取り扱う担当者が使えるものであるのか、この点を重要視する必要もあります。だって、実際に扱う人が使えないものであれば導入の意味すらありませんからね。

SFAを扱う人は営業マンです。営業マンは毎日外回りをしているため、わざわざ新しいツールの利用方法を学ぶ時間も惜しいと感じるでしょう。そんな時間があれば、あと1社回れるよ!という声も聞こえてきそうです。

そんな人たちに利用してもらうわけですから、すぐに使えそうな管理画面であったり、入力項目が少なく、機能もシンプルなもの。これらを念頭に置いておくと良いようです。

一時期は、SFAの導入失敗という企業も多かったようですが、これを教訓にサービスする会社も使いやすくてシンプルなSFAが増加しているそうです。最初は背伸びをせずに、このようなSFAを使ってみるというのも悪くはないようです。

sfaとは

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>