no responses 2つの価値に注目

名刺管理サービスがCRMなどと一緒にサービスされることが多くなってきています。CRM大手の企業では、名刺管理サービスを行う会社との連携も始まっていますよね。SalesforceとSansanのことなんですが^^

Sansanではこの連携について、「手間なく顧客データを登録することができ、メンテナンスフリーの顧客データベースが出来上がります。」と書かれています。もちろんこれによって営業マンの業務負荷が軽減されますし、名刺の重要なデータを活かして更なる売り上げアップが期待できるというわけです。

そのSansanでは、名刺には2つの価値があると紹介されています。1つは名刺そのものに書かれている情報。そしてもう1つが履歴情報と言われるものだそうです。

Sansanを利用することで、名刺の重複入力を防ぐことが可能となります。エクセルや紙での管理ではこの辺が曖昧になってしまっていましたが、Sansanでは同じく名刺交換した人とは、その前に社内の誰がいつその人と交換したのか、この履歴がきちんと残るわけです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>