no responses 何の苦労もなくデータをまとめることも可能

今では紙によって営業情報を集計することも無くなってはきているようですが、それでもエクセルを使っての集計はまだまだ続けられていますよね。

エクセルでも悪いわけではありませんが、エラーが起こりやすいことも事実のようです。同じような作業であればエラーは起こらないものの、データを追加するときなどは関数の知識がある社員が必要となります。これが結構面倒だったりするんですよね。関数の知識がある社員を別の部署から呼んできてお願いしたり・・。中小企業だとこのような事態も予想されますよね。しかもその作業がちょっとでも間違っていれば・・、怖い結果が待っていることになります。

一方で、最近中小企業でも取り入れやすくなったと言われるSFAを導入していれば、このようなエラーが起きにくく、また自動集計してくれるので効率よく、エラーも極めて少なくなるメリットがあるんです。もし、顧客にデータがすぐに欲しいと言われた時でも、SFAであれば何の苦労もなくデータをまとめることも可能なわけですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>