no responses サンブリッジ、名刺を効率的にMAに生かす『Viscarte』の提供スタート

クラウドプロフェッショナルサービス企業である株式会社サンブリッジは、獲得した名刺を効率的にマーケティングオートメーションに生かすソリューション『Viscarte』(ビズカルテ)の提供を10/1よりスタートさせました。このViscarteは、セールスフォースの機能拡張である名刺管理サービス「SmartVisca」と、セールスフォース・ドットコムのMAツール「Salesforce Pardot」を連携させることにより、名刺情報をダイレクトにマーケティングに活用できるというもの。名刺をスキャンするだけで、OCRでテキストデータに変換された後、専任スタッフによる名刺情報の校正を経てセールスフォースに自動登録されます。そしてデータ化された名刺情報は、営業担当との紐付けや顧客接点に応じた重み付け変更などが行われ、Pardotに入力されるという。Viscarteは、127万円(コンサルティング・実装込)からの提供となり、最短2週間で導入可能です。これなら中小企業でも導入しやすいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>