no responses 最初に手を付けたいのは社内情報共有

CRMやSFAなど営業支援ツールを導入し、それを活かしてこれからの営業活動を盛り上げていきたい!という思いが強くても、使い方が良くなければ何にも活かすことはできないんだそうです。ある営業支援ツールを提供している会社では、このような事が無いようツールを導入する際の解決したいポイントとして社内情報共有というものを挙げられていました。例えば、営業マンが退職してしまったらその社員と関係がある取引先の情報が全くわからない、管理者が部下の社員の案件のプロセスをリアルタイムに知ることができない、営業の改善点が見つけにくい・・といった課題です。これらを社内で情報共有することが、まずは営業改善の一歩と言うんです。例え営業支援ツールを導入したとしても、これらの課題、ポイントを社員全体で把握してから、ツールの導入、運用を行うことでより効率的にツールの利用が可能となり、その後の営業活動に大きな利益をもたらす、ということのようです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>